再生可能エネルギーへの移行により、世界中でより多くの雇用が創出される

再生可能エネルギーへの移行により、世界中でより多くの雇用が創出される

気候変動と闘うための世界的な取り組み 失うよりも多くの雇用を創出する、新しい研究が示しています。

地球温暖化を摂氏2度以下に抑えるというパリ協定の目標を達成するためには、化石燃料から再生可能エネルギーへの転換が不可欠です。

しかし、クリーンエネルギーへの転換は、化石燃料産業の喪失が何百万もの人々の失業を招く恐れがあることを理由に、多くの政治的反対を受けています。

この新しい 研究 雇用は気候変動対策を推進する妨げにならないことを証明しています。

研究者たちは、2030年までに、正味の雇用創出と再配分がほとんどの国で、主に再生可能エネルギー、建設、製造業で発生することを発見しました。 調査によると、温暖化を摂氏2度未満に制限する措置を採用すると、世界中で0.3%多くの仕事が提供されます。

「気候変動対策は、世界中で24万人以上の雇用を創出する機会です。」 ギレルモモント国連機関である国際労働機関の上級社会学者であり、研究の筆頭著者である、は声明の中で述べた。

「雇用機会を最大化するために、政府は、気候変動対策を、助長的な法的枠組み、社会の協議プロセス、社会的保護、スキル、および公正な移行を可能にする産業政策で補完する必要があります」と彼は続けた。 「この文脈では、失業は緊急の気候変動対策を遅らせる言い訳にはなりません。」

政府は、景気を悪化させる恐れがあるため、クリーンで再生可能なエネルギーへの移行を先延ばしにしています。

しかし、一部の職業が自然に喪失したにもかかわらず、研究者らは、全体的に見て、既存の仕事が喪失した場合よりも多くの新しい仕事が生み出されると予測している。

分析された44国内経済のうち、最大の純雇用創出を経験すると予測される国は、ブルガリア、台湾およびインドネシアであり、これらはすべて0.9パーセント雇用の増加を予測することができた。

これは主に、これらの国々がクリーンエネルギーソリューションを採用するのに時間がかかるが、それでも採用する能力があるためです。 再生可能エネルギーへの大幅な移行には多くの作業が必要になり、それが多くの仕事を生み出します。

クリーンエネルギーへの転換で失業すると予測されている唯一の調査地域は中東であり、これは主に化石燃料への強い経済的依存のためである。

失業は主に、石炭採掘、石油精製、石炭や天然ガスからの発電など、化石燃料を支える産業で発生します。

再生可能エネルギーで生み出された仕事に加えて、建設および製造分野でかなりの量の仕事が生み出されるでしょう。 再生可能エネルギーから発電するのに必要な部品や機械の製造や保守を手助けすることが労働者に求められています。

研究者は、人々はこれらの分野で働くために必要な独自のスキルセットを開発する必要があり、新しい仕事は失われたものと同じ都市や地域に必ずしもあるとは限らないことを認めています。

世界の生態系の未来のために、再生可能エネルギーへの切り替えが必要です。 この研究は、変化を促し、再生可能エネルギーへの移行が経済を破壊しないことを政治家に安心させる可能性があります。

「予想される変化が何であれ、エネルギー持続可能性への移行のための適切なポリシーが2030への準備段階で徐々に取られれば、それはよりスムーズになります」と著者は研究で書いています。

大学ネットワーク