大学ネットワーク

音響入門(パート2)

説明

学習者は、「音響入門(パート1)」から音響の基本概念を学んだかもしれません。 今こそ実際の状況に適用し、独自の音響アプリケーションを開発する時です。 学習者は、キルヒホッフ–ヘルムホルツ方程式を使用して、放射、散乱、および回折現象を分析します。 次に、学習者は、設定した条件を満たす、独自の残響室またはダクトを設計します。

価格:無料で登録!

言語: 英語

字幕: 英語

音響入門(パート2) –韓国科学技術院(KAIST)