大学ネットワーク

コンピュータサイエンス:目的を持ったプログラミング

説明

最後の千年紀における教育の基礎は「読み、書き、そして算数」でした。 現在は、読み取り、書き込み、およびコンピューティングです。 プログラミングを学ぶことは、科学と工学だけでなく、芸術、社会科学、人文科学においても、すべての学生の教育の重要な部分です。 直接の適用を超えて、それは現代社会に対するコンピューターサイエンスの否定できない影響の本質を理解する最初のステップです。 このコースでは、書籍「コンピュータサイエンス:学際的アプローチ」の前半を扱います(後半は、コースラコース「コンピュータサイエンス:アルゴリズム、理論、機械」で取り上げています)。 私たちの目的は、科学的な文脈でプログラミングを学ぶ必要がある、または学びたい人々にプログラミングを教えることです。

まず、変数、条件、ループ、配列、I / Oなどの基本的なプログラミング要素を紹介します。 次に、関数に移り、再帰、モジュール式プログラミング、コードの再利用などの主要な概念を紹介します。 次に、オブジェクト指向プログラミングの最新の紹介を行います。

私たちはJavaプログラミング言語を使用し、多くの最新のコンピューティング環境に適用可能な計算問題解決のための基本的なスキルを教えています。 Javaの熟練度が目標ですが、Java自体ではなく、プログラミングの基本的な概念に焦点を当てています。

このコースのすべての機能は無料で利用できます。 完了時に証明書は提供されません。

価格:無料で登録!

言語: 英語

字幕: 英語

コンピュータサイエンス:目的を持ったプログラミング - プリンストン大学