大学ネットワーク

生成モデリング

説明

この「空間計算思考」プログラムの一環として、この「ジェネレーティブモデリング」コースでは、さまざまな関係や制約を取り込む複雑な空間情報モデルの生成に焦点を当てています。 一緒に機能して空間情報モデルを生成する複数の手順を統合することにより、困難な問題に取り組む方法を学びます。 このコースでは、手続き型モデリングとセマンティックモデリングを扱った前のXNUMXつのコースに基づいて学習します。 このコースでは、空間情報モデリングタスクの複雑さが増し、より高度なタイプの生成モデリングアプローチが必要になります。 前のXNUMXつのコースでは、モデルは単一の手順を使用して生成されましたが、このコースでは、複数の手順を組み合わせて統合する方法を学習します。 これにより、手順を短く保ち、中間段階でモデリング結果を視覚化できるため、困難な場合に、より複雑なタイプへの取り組みが容易になります。 次に、複数のノードを持つフローチャートを作成する方法を学びます。各ノードには独自の手順が含まれています。 生成プロセスの複雑さを簡単に制御できるようにする骨格モデリング戦略を学びます。 また、ローカーブの使用や独自のソルバーの実装による空間制約の解決など、より高度な生成モデリング手法についても学びます。 その過程で、コーディングスキルもさらに向上させます。 特に、ベクトル、光線、平面の操作、周期関数などのさまざまな数学関数、内積および外積関数の使用など、基本的なタイプの空間推論に不可欠な一連の一般的な数学手法について学習します。 また、フローチャートを使用してエラーを分離する方法を学びながら、デバッグプロセスを再確認します。 このコース中のモデリング演習と課題もさらに高度になります。 空間情報モデルは、属性でタグ付けされ、コレクションにグループ化された、さまざまなタイプのコンポーネントとパーツを備えた複雑な建物を表すようになります。 このコースでは、「空間計算的思考」プログラムの次の最後のコースに備え、パフォーマンスのモデリングに焦点を当てます。

価格:$ 99 –監査は無料です!

言語: 英語

ハーバード大学とMITが設立した教育用プラットフォームedXによるジェネレーティブモデリング。

生成モデリング – NUS