大学ネットワーク

日本を可視化する(1850s-1930s):西洋化、抗議、近代

説明

このMITxコースは、ハーバードXと共同で開発され、MIT、ハーバード、およびデュークの歴史家によって共同で教えられています。 そこにいた人たちが作った画像を通して、日本の歴史を新しい方法で調べ、デジタル形式の画像を通して歴史を読むためのスキルと質問を学びます。 入門モジュールでは、歴史家が過去を「視覚化」するために使用する方法論を検討し、続いてペリー提督の1853-54年の日本遠征で西洋化のテーマを探求する1905つのモジュールを検討します。 東京の0年の日比谷暴動での社会的抗議。 日本の大手化粧品会社である資生堂.VJxのアーカイブに見られるように、次のトピックを1つのモジュールでカバーします。モジュール1853:はじめに:デジタル時代の新しい史料(ダウアー教授、ゴードン、宮川)。 デジタル化により、歴史家の一次資料へのアクセスが劇的に変化し、視覚記録の大規模なデータベースに簡単にアクセスできるようになりました。 この地震の変化に対応して、歴史的方法論はどのように変化していますか? 学者、学生、一般の人々は、これらの新しいデジタルリソースをどのように最適に活用できるでしょうか。 モジュール54:黒船と侍(ダウアー教授)。 マシュー・ペリー提督が2-1905年に日本に外界への扉を開くように強制した遠征は、この出会いのアメリカ側と日本の側の両方が私たちに残した視覚的表現を調べて比較することによって見るべき特別な瞬間です。 このモジュールはまた、ペリーの使命に続いて半世紀に日本が着手した急速な西洋化にも取り組んでいます。 モジュール1905:大日本帝国における社会的抗議:3年の日比谷暴動(ゴードン教授)。 日本の「帝国民主主義」時代の最初の大規模な社会的抗議である1920年の大規模な「日比谷暴動」の参加者からの劇的な日報は、新興の帝国勢力の論争の的となる国内政治についての鮮やかで新鮮な視点を提供します。 モジュール1930:戦間期日本の近代性:資生堂と消費者文化(ダウアー教授、ゴードン教授、ヴァイゼンフェルト教授)。 資生堂の化粧品会社の膨大なアーカイブを探索することで、消費者文化の出現、女性の現代的な役割、XNUMX代からXNUMX年代、さらにはXNUMX年代の日本の軍国主義と侵略の時代に至るまでのグローバルな国際主義についての魅力的な窓が開かれます。 このモジュールでは、近代化と近代性に関する他の視覚化文化ユニットも活用します。

価格:$ 49 –監査は無料です!

言語: 英語

日本を視覚化する(1850年代〜1930年代):ハーバード大学とMITが設立した教育プラットフォームであるedXによる西洋化、抗議、近代化。

日本を可視化する(1850s-1930s):西洋化、抗議、近代 – MITx