大学ネットワーク

セマンティックモデリング

説明

「空間計算思考」プログラムの一環として、この「セマンティックモデリング」コースでは、セマンティックデータの追加レイヤーで幾何モデルを強化することに焦点を当てています。 さまざまなデータ型の追加の属性値でジオメトリックエンティティにタグを付ける方法、およびこれらの属性を使用してモデルをクエリする方法を学習します。 このコースでは、前のコースで開発した基礎に基づいて構築します。この基礎では、幾何学的エンティティを使用した手続き型モデリングに焦点を当てました。 このコースでは、幾何学的エンティティが実際にトポロジ構造を持っていることを最初に発見します。これにより、これらのモデルをより深いレベルで操作できます。 次に、モデルにセマンティクスを追加する方法を学習します。これにより、データが豊富な空間情報モデルを作成できます。 これにより、強力な手続き型データモデリング技術、特にセマンティックモデルを照会して情報のサブセットを抽出する機能を適用できます。 その過程で、コンピューターサイエンスのセマンティックの世界でコーディングスキルをさらに向上させることもできます。 ループと条件を再検討し、これらをネストしてより複雑な制御フローを作成する方法を発見します。 また、リストおよび辞書のデータ構造をネストして、より複雑なタイプのデータ構造を作成する方法についても説明します。 このコース中のモデリング演習と課題は、前のコースが中断したところから進行します。 モデリングの演習と割り当ての幾何学的な複雑さは増しますが、より重要なのは、位置、トポロジコンポーネント、幾何学的オブジェクト、幾何学的オブジェクトのコレクションなど、あらゆるタイプの幾何学的エンティティに属性データのレイヤーを追加することです。 また、色、素材、その他の視覚的プロパティを定義する属性を追加する方法も学習します。 このコースは、より複雑なタイプの空間情報モデルの生成モデリングに焦点を当てた「空間計算思考」プログラムの次のコースに向けて準備します。

価格:$ 99 –監査は無料です!

言語: 英語

ハーバード大学とMITが設立した教育用プラットフォームであるedXによるセマンティックモデリング。

セマンティックモデリング – NUS